男性の乾燥肌と誤ったスキンケア

バルクオムで男性の敏感肌対策

男性の乾燥肌と誤ったスキンケア

白く粉を吹いたようになる乾燥肌。
シワにもなりやすく、張りもなくなってしまい老けて見えるので悩みものです。
そもそも人間の皮膚には、角質層という0.02ミリの薄い膜があります。
乾燥肌とは、この角質層の水分量が低下し、皮脂やセラミドといった保湿機能がちゃんと働いていない状態になったものです。

角質層は、ウイルスや細菌、紫外線といった害のある刺激から身体を守るバリアの役割を果たしています。
シミや、多くの皮膚病はこの角質層が薄くなったり、傷ついたところから発症することが多いのはこういう理由があるからです。

男性にも実は乾燥肌になっている人は多いのです。
普段から皮脂が多く、テカリやすいという人も実は乾燥が原因でそうなっているのかもしれません。
見分けるポイントは洗顔後。
つっぱる感じがあるという人は、乾燥肌である可能性が高いです。

乾燥肌の原因には、スキンケア不足または誤り、生活習慣の乱れ、体質などが挙げられます。
この中でもスキンケア不足と間違ったスキンケアが一番原因として多いです。
ごしごしこする洗い方、熱いお湯、強い脱脂力のある洗顔料での洗顔をしている人は要注意です。
これらの洗顔方法は、保湿機能がある皮脂やセラミドをどんどん洗い落としています。

化粧水しかつけないという場合、本来ならば乳液がカバーする水分がどんどん蒸発してしまうため、保湿効果が薄くなってしまいます。。
さらに、化粧水の成分にコラーゲンなどが含まれるものは、肌の上で水分を吸い取ってしまいます。
肌に合っているはずなのに、なかなか乾燥肌が治まらないというときは、成分を一度見直してみましょう。